【クアラルンプール チャイナタウン】人気の何九海南茶室でカヤトーストを食べよう♪

グルメ編

クアラルンプールに観光で訪れたらぜひ立ち寄りたいエリア、チャイナタウン。観光客が多く訪れる人気エリアです。

特にチャイナタウンのメインストリートであるペタリンストリート(Jaran Petaling)には、中華系グルメを楽しめたり、雑貨・お土産などを販売するお店が軒を連ね、連日賑わっています。

ペタンストリート Jaran Petaling の様子

そして、ペタリンストリート正門から歩いてたった3分の場所にあるのが何九海南茶室(Ho Kow Hainam Kopitiam

こちらはコピティアムと呼ばれる形態のお店です。

そもそもコピティアム(kopi tiam)とは、日本でいう喫茶店・カフェのようなところ。朝から営業している所が多く、朝食メニューの定番”カヤトースト”や点心、コーヒー、紅茶などが人気です。

kopi tiamの意味は、kopi(コピ)→マレー語で「コーヒー」、tiam(ティアム)→福建語で「お店」を表します。

マレーシアではコピティアム文化が浸透していてその歴史は古く、最近では若者の間でも人気があります。

レトロな雰囲気のあるコピティアムの店内で、映え写真を撮るのが流行っているようです。

何九海南茶室も1956年に創業した歴史あるコピティアムです。

本記事では、クアラルンプールで必ず訪れたいほど大人気の何九海南茶室の店内の様子やおすすめメニューを紹介します。

そして、何九海南茶室の名物おじいちゃんにお会いすることができました。ぜひその様子もご覧ください!

まずは整理券を取ろう!

こちらのお店は大人気のため、基本的に整理券を取って待つ必要があります。整理券番号が呼ばれるとディスプレイに表示されるので、待ち時間をおおよそ把握することができます。

ちなみに筆者が訪れたのは土曜日の午前9時ごろでしたが、すでに1時間以上待つとのこと。その日は泣く泣く諦め、翌日再チャレンジしました。

幸いにもお店の向かいにあるFour Points by Sheratonに宿泊していたので、翌日は開店時間に合わせてお店に向かいました。が、すでに待っている人たちが!整理券を取って一旦部屋に戻りました・・

このように朝は非常に混み合う時間帯です。お昼頃など少し時間をずらした方が良いかもしれません。

とにかく、まずはお店に行って整理券を取り、待ち時間を確認しましょう

近くには、ペタリンストリートや寺院、写真映えするウォールアートなど観光スポットがたくさんあるので、散策しながら時間調節することをおすすめします。

店内の様子とおすすめメニュー

店内は1階と2階があり、天井が高く開放感があります。またレトロな内装や開店当時の写真から歴史を感じることができます。

何九海南茶室のおすすめメニューは、コピティアムの定番 カヤトースト

食パンの中にカヤと呼ばれる甘い味付けのジャムとバターが入っていて、半熟卵に付けて食べるととっても美味しいです。

卵は別途注文が必要なので、お忘れなく。卵を割った後は、そこにお好みで醤油や胡椒を入れると更に美味しくなります。

そしてカヤトーストのお供にテー・タリッ(Tea tarik) ミルクティーはいかがでしょうか。

こちらはコピティアム定番の飲み物です。とても甘いので、苦手な方は砂糖やミルク抜きなどカスタマイズして挑戦してみてください。

こちらのお店では、他にも点心や海南風チキンライス、ナシレマ、ラクサなどマレーシア料理がたくさんあります。デザートの種類も多く、どんな時間帯に行っても満喫できるお店です。

名物おじいちゃんに会えるかも!?

お店の名前になっている「何九(Ho Kow)」は実はオーナーのお名前です。お店入ってすぐのところに、開店当時の写真やオーナーの写真が飾られています。

なんと、訪れた際に何九さんにたまたまお会いすることができました♫

この方は創業者の息子さん。現在はお孫さんが経営を引き継いでいますが、時々店頭に立ってお客さんとお話しされたり、快く写真撮影に応じてくださる気さくな方です。

「食事は美味しかったですか?」と優しくお声がけしてくださいました。

何九さんにお会いできたらとてもラッキー♪

アクセス

何九海南茶室 Ho Kow Hainam Kopitiam

住所:1, Jalan Balai Polis, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

ペタリンストリート正門から徒歩約3分。

最寄駅 MRT Pasar Seni 出口Aから徒歩約3分。

営業時間:午前7時30分〜午後2時30分

定休日:月曜日

まとめ

以上、クアラルンプール チャイナタウンにある何九海南茶室の紹介でした。

人気が高い理由は、味はもちろんのこと、歴史を感じる店内の雰囲気、そしてなんといっても何九さんの人柄が表れた温かいお店だからだと思いました。

ぜひクアラルンプールを訪れた際は立ち寄ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました