【マラッカ】絶対に行きたいニョニャ料理レストラン3選

マレーシア グルメ編
スポンサーリンク

マラッカを訪れたら是非寄っていただきたいニョニャ料理を提供しているレストランを3つご紹介させていただきます。

レストラン選びの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

ニョニャ料理とは

ニョニャ料理とは、中華料理をベースにマレーシアの香辛料やハーブで味付けしたマラッカ発祥の料理です。

見た目は中華料理なのですが、食べてみるとスパイシーでエスニックな味付けなのがニョニャ料理の特徴です。

そのルーツは、15世紀後半にマレー半島に移住してきた中華系移民の男性(ババ)と地元のマレー系の女性(ニョニャ)が結婚したことで生まれました。

スポンサーリンク

Restoran Nyonya Makko(麦哥娘惹餐馆)

最初にご紹介するお店は、Restoran Nyonya Makkoです。

マラッカの中心地から徒歩10分程度と、市内からも近いニョニャ料理レストランです。

1984年創業の老舗で、アクセスも便利なため、多くの観光客が訪れるお店です。

Cincalok Omelette(チンチャロ・オムレツ)

小さなエビを発酵させた調味料を混ぜ、たっぷりの油で焼いたオムレツです。

Kangkung Belacan(カンコンブラチャン)

スパイシーなエビベースのマレーシア調味料で味付けした、空芯菜の炒めものです。

Ayam Goreng Nyonya(アヤムゴレンニョニャ)カレー風味の唐揚げ
ニョニャ風春巻き

アクセス

スポンサーリンク

Cottage Spices Nyonya Restaurant

2つ目にご紹介するお店は、Cottage Spices Nyonya Restaurantです。

こちらのお店は、上記で1つ目にご紹介したRestoran Nyonya Makkoというお店の道路を挟んだ真向かいにあるお店です。

ですので、こちらもマラッカ中心地から徒歩約10分とアクセスが良好です。

上記一つ目のレストランとの違いとしては、お店が比較的新しい方なのか、カフェっぽくお洒落な雰囲気があります。

店内の座席数はあまり多くないため、すぐに満席になってしまいます。予約せずに行くと中々入れないため、できれば予約を事前にする or 開店時間を狙って行くことをオススメします。

上:Ayam Goreng Nyonya、左:Kangkung Belachan、右:Ayam Pongteh

写真右のAyam Pongteh(アヤム・ポンテ)という料理は、濃いめの中国醤油で鶏肉とジャガイモをじっくり煮込んだ料理で、ニョニャ風の肉じゃがです。

このお店のメニューは、ホームページからも確認可能ですので、気になる方は以下リンクからご覧ください。

お店ホームページ:https://cottagespices.com.my/menu-v2/

アクセス

Nancy’s Kitchen

最後にご紹介したいお店は、Nancy’s Kitchenです。

ここの料理は特に日本人好みの味付けでメニューも豊富なので、個人的にはこのお店が一番おすすめです!

市内からのアクセスは上記でご紹介した2つのレストランと比べると良くないものの、地元の人にも人気なニョニャ料理レストランです。

マラッカ市内から徒歩で行くと結構距離があるので、行く場合はタクシーなど車を活用して行くことをおすすめします。車であれば市内から約10分の距離です。

左下:Mee Sup Nyonya、右下:Sotong Goreng(イカの唐揚げ)
左:Telur Udang(エビオムレツ、右:Nasi Goreng(炒飯)

店内の座席数は結構ありますが、ホームページからもWEB予約ができますので、念のため事前に予約して行くことをおすすめします。

また、お店のメニューもホームページからも確認可能ですので、気になる方は以下リンクからご覧ください。

お店ホームページ:https://eatatnancyskit.com/menu/

アクセス

まとめ

マラッカにあるおすすめのニョニャ料理店を3つご紹介させていただきました。

どこのお店の料理も本当に美味しいので、マラッカを訪れた際は是非立ち寄ってみてください。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました