【ポートディクソン】レクシスハイビスカス 水上コテージのある高級リゾートホテル

トラベル編

日本でなかなか体験できないプライベートプール付き客室ですが、マレーシアには全室プール付き・さらにサウナまで付いて、オーシャンビューという贅沢過ぎるホテルがあります。

そんな豪華ホテルがあるのは首都クアラルンプールから車で約1時間半、マラッカ海峡沿いにある都市、ポートディクソンにあるレクシス ハイビスカス ポート ディクソン。2015年にオープンした比較的新しいホテルです。

レクシスグループはマレーシアで展開しているリゾートホテルで、現在ポートディクソンに3カ所、ペナン島・KLに1カ所ずつあります。

ホテル公式サイトには今後新たにマレーシア国内でホテル建設予定との情報も。今最も勢いのあるホテルグループの一つです。

今回は筆者の宿泊レポートとともに魅力をたっぷりお伝えします!

トリップアドバイザー ホテル予約サイトはこちら

スポンサーリンク

ギネス記録に認定されたリゾートホテル

ホテル最大の特徴は、海に浮かぶヴィラタイプのお部屋水上コテージがあることです。

その数522棟!なんと世界で水上コテージが最も多いリゾートホテルとしてギネスに登録されています。

ちなみにプールは各部屋含め643面あり、こちらもギネスに登録されています!

まさかギネス記録に認定されているホテルに泊まれるとは思ってもいませんでした。

ギネス世界記録についてのニュースはこちら(ホテル公式サイトより)

Guinness World Records | Lexis Hibiscus Port Dickson

さらにホテル名にある通り、ハイビスカスがモチーフとなっていて、至る所にハイビスカスがデザインされています。

例えば下記写真はヴィラエリアのマップですが、上から見るとハイビスカスの形になっています。他にもお部屋の床にはハイビスカスがデザインされているなど南国気分を味わうことができます。

ちなみにマレーシアの国花はハイビスカスなので、マレーシアらしさを感じることもできます♫

ホテル公式サイトより https://www.lexishibiscuspd.com/rooms-suites
お部屋の床にもハイビスカス

そしてホテルの設備やサービスがとにかく豪華!なかなか日本では見られないスケール感だと思います。

例えば、混雑しがちなチェックイン時のロビーや朝食会場のレストランも、とても広く余裕があり、混雑がほとんど見られませんでした。(朝食の様子は後ほどご紹介します。)

ロビーの様子

ホテルは本館と離れ(水上コテージ)に分かれており、バギーに乗って移動することができます。乗車時に部屋番号を伝えればOK!お部屋の前で降ろしてくれます。

もちろん歩いて行くこともできますが、本館から一番遠いエリア(ランクの高いお部屋)だと徒歩15分ぐらいは掛かると思います。

ちなみにお部屋から本館に行く際は、客室内にある電話で「バギー」と書かれたボタンを押すと呼ぶことができます。

混み合う時間は迎えが来るのに15分以上掛かることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

水上コテージの様子

今回筆者が宿泊したのは、エグゼクティブ プール ヴィラ

本館から最も近いコテージで、コテージの中では一番安いお部屋ですが、個人的には大満足でした。最大4人まで泊まれることもあり、とてもゆったりしています。

ミニバーもあり、飲み物4本とクッキー2種類を無料で貰いました。

奥に進むと、洗面台・トイレ・シャワーがあります。バスタブはありませんが、お部屋のランクによってはジャグジーがある場合も。

アメニティグッズは可愛らしいハイビスカス柄。シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ローションがあり、一般的なホテルに比べて容量が多く使いやすかったです。

ガラスの床から海が見えます!

バルコニーに出ると、そこはオーシャンビュー!海を独り占めできます。そして完全プライベートプールとサウナがあり、もちろん24時間使用できます。

プールはそんなに冷たくなく、温水プールぐらいの水温で入りやすいです。海自体は正直あまり綺麗ではありませんが、特に異臭などなくゴミも落ちていませんでした。

究極のインフィニティプールをぜひ体験してみてくださいね!

サウナは大人2人が余裕で入れるスペースになっています。ドアに隙間があり完全に温めるのは難しいですが、1時間程前から付けておくと、ある程度温まりました。

バルコニーにはテーブル・椅子もあり、ゆっくり景色を楽しむことができます。筆者も朝はコーヒー、夜はお酒を飲んでくつろぎました。

ちなみにホテルの構造上、お部屋によってはバルコニーが向かい側と接近している所もあり、少し気まずさを感じるかもしれません。ですがここはリゾート地!恥ずかしさを忘れてたっぷり満喫したもん勝ちです(笑)

天気の良い日には、日の出を見ることができるかも!
スポンサーリンク

超豪華朝食ビュッフェ★

朝食は本館にあるROSELLE Coffee Houseにてビュッフェ形式となります。

ご覧の通り、宿泊客で賑わっていますが、会場が広いので待つことはありませんでした。入り口で部屋番号を確認したら、自分たちで自由に席を決めることができます。

朝食時間は午前6時30分から10時30分となっています。

筆者の宿泊プランはすでに朝食代が含まれていましたが、別料金の場合は大人RM68(約2,000円)、子供RM48(約1,400円)です。

朝食はマレー料理、中華料理、インド料理、西洋料理など様々な種類があり、正直食べ切れません・・

ライブキッチンは屋外にあり、卵料理や麺、ロティチャナイなどをその場で作ってくれます。ここまで充実したライブキッチンは初めてだったので、その豊富さに感動しました。

席は屋内・屋外共にあります
スポンサーリンク

その他にも利用できる施設がたくさん!

先ほど紹介したROSELLE Coffee House以外に、カフェや日本料理店などいくつかレストランがあります。

中でも水上コテージのある離れには、一際目立つ建物 LIGHT HOUSE CLUBがあり、西洋料理レストランやバーを楽しむことができます。(現在新型コロナウイルスの影響で閉店中ですが、2023年には再開予定。)

4階建なので海や水上コテージ、本館の眺めも良さそうです!再開が楽しみですね。

忘れてはならないのがアクティビティ。ジムは午前8時から午後8時まで利用可能です。さらにプライベートプールだけでなく共用プールもあります。

共用プールは本館側にあります

そしておすすめはレンタサイクル!

本館から一番離れた場所までは、歩くには少し遠いです。バギーももちろん利用できますが、レンタサイクルで散策する方もたくさんいました。

自転車は一般的なものからファットバイクなど本格的なものまであります。30分RM15(約450円)から利用可能です。

スポンサーリンク

ここでしか手に入らない限定グッズ

本館1階のバギー乗り場近くに、お土産ショップ兼コンビニがあります。少し分かりづらい場所にあるので、ホテルスタッフの方に聞くと早いかもしれません。

ここでは飲み物やカップラーメン、お菓子などが販売されています。お酒もありました。

ホテル周辺徒歩圏内にはコンビニがないのでとても助かります。

そしてお土産コーナーにはコップや写真立て、ビーチサンダルなど様々なホテルグッズが販売されています。筆者はホテルロゴが入ったマグネットを購入しました。

旅の記念にぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

必見!土曜日限定ファイヤショー

ホテル敷地内にあるHIBISCUS WALKを進むと、プライベートビーチがあります。

そして毎週土曜日限定、ビーチでファイヤショーが開催されています。このファイヤーショー、想像以上にレベルが高く、至近距離でパフォーマンスするのでこちらが冷や汗をかいてしまうほど迫力がありました。

ファイヤーショー自体は約10分ですが、その後ゲスト参加型のショーがありこちらも盛り上がります。

無料で見れますが非常に見応えがあるので、土曜日に宿泊予定の方は必見です!

スポンサーリンク

ホテルへのアクセス

LEXIS HIBISCUS PORT DICKSON

トリップアドバイザー ホテル予約サイトはこちら

住所:12th Mile, Jalan Pantai, 71250 Port Dickson, Negeri Sembilan

連絡先:06-660-2626

チェックイン 午後3時、チェックアウト 午前11時

車でのアクセスがおすすめ☆ 平面・立体 無料駐車場あり

クアラルンプール国際空港から車で約1時間

スポンサーリンク

まとめ

以上、レクシス ハイビスカス ポート ディクソンの紹介でした。

KLやマラッカなど主要都市から車で約1時間半という非常にアクセスの良い場所なので、週末気軽に訪れることができる方も多いのではないでしょうか。

非現実を味わえる空間をぜひ皆さんも体験してみてください!

本記事で書ききれなかったホテル周辺のおすすめビーチやレストランについては、別の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました